環境の充実

作業中の看護師

かつて自立した生活が困難になったご高齢の方々は、同じ境遇の方々が集まる場で余生を過ごされる事が大半でした。 その場の一つが老人ホームでしたが、昔の老人ホームと現在の老人ホームはかなり雰囲気が異なります。 それは老人ホームの在り方が変わった歴史でもあり、ご高齢の方自らと社会のニーズの変容とも言えるでしょう。 かつて老人ホームは、終の棲家というという印象が強く、また、社会的に隔てた環境にあるものでした。 その環境も、現在の明るさや自由といったものは得られにくいものでした。 しかしその後、社会の高齢化に伴い、様々なニーズが高まり改善が施されて現在に至っています。 現在の老人ホームは、特に真新しいものに当たっては、赤ちゃんからご高齢の方まで集う多様さが注目されています。 それは昨今課題とされている保育所の増設にも一役買っていて、今後もこのような環境が増える事が見込まれます。 ご高齢の方にとってはお子様方との触れ合いによる精神的な効果の他に、子育ての機会を得る事による社会参加で、生きる張りを得る等効果が期待されています。 今後もこのような老人ホームが、注目され増えて行く事が期待されるでしょう。

現在、老人ホームへの入居をお待ちの方はかなりの数に上ります。 それに伴い、老いや病気の進行からご家庭での介護が難しくなり、取り敢えず入居出来る所へと下見もそこそこに契約をされる方が少なくありません。 それで起こりがちな問題として、病気の症状や進行具合によっては、介護の手が回らない等の理由で退去を促される事がある事や、理想の環境ではなかった等という事です。 それで料金の返還が可能なケースはまだしも、その適応にない場合は困ります。 このような事態に陥らない為に注意する点として、契約前の下見の充実を挙げます。 それは施設の職員さんとのコミュニケーションも交えて、受け入れ可能な条件やキャンセルが可能な適応例等の説明を受け、実際の生活環境の視察等、じっくり検討する事です。 素敵な環境や手厚い介護が受けられる老人ホームは増えていますが、自分に合った所はどこかを、事前に適切に見極める事が大切でしょう。