快適に移動できる

ナースステーション

介護業界で一般的に利用されるようになってきてるのが、福祉車両です。例えば、高齢者を自宅からデイサービスやショートステイ等に送り迎えする時には、そんな福祉車両が使えます。 また、福祉車両は一般的な自動車とは違って、車いすに乗ったままでも高齢者を搭乗させることが出来るのが特徴で、体の不自由な高齢者を送り迎えするためには欠かせません。 そして、今後の動向としては、高齢化が進むにつれて益々そんな福祉車両の存在が活躍してくれると予想されます。 また、高齢者からしても普通の自動車に時間をかけて乗り込むよりも、手すりなどが車内に付いており、安心して乗れる福祉車両の方が好まれます。 ですので、その需要は必然的に伸びて来るのです。

介護業界に従事される経営者の方で、これからそんな福祉車両の購入を考えている方は、購入する時には注意しなければならない事もあります。 例えば、福祉車両によっては、その機能や搭乗する時の方法が異なってくるからです。 もし、デイサービスなど比較的健康な高齢者を送り迎えするのではなく、ショートステイといった要介護度の高い高齢者も乗せる可能性もあるのであれば、車いすごとリフトで乗せられる車両が好ましくなります。 どのような事業を行っている方によって、最適な福祉車両を選ぶのが重要です。 そして、利用するときの注意点としては、操作方法を覚え正しい使い方で利用することです。誤った使い方をすると事故に繋がってしまう事もあるため、そこは注意する必要があります。